介護に使える便利な自助具とは?

残存能力がある高齢者が自分自身の力で快適に生活するためには、自助具を活用するのがオススメですよ。

食事の時に一般的な食器を使う場合、手の力が弱まっている高齢者はスムーズな食事ができない事が考えられますので、介護用の自助具を活用して食事を楽しみましょう。

スプーンは握りやすいグリップ付きで口に入れやすいタイプを選んだり、食器は滑りにくい形状の物を選ぶと良いでしょう。

誤嚥するリスクがある高齢者を解除する場合は、食事介助を行う際にも一般的な食器ではなく、高齢者の歯に当たりにくくて食べこぼししにくいなど介助しやすい食器を選ぶのが効果的ですから、食器にもこだわって食事介助を行いましょう。

高齢者の状態によって最適な食器は違いますので、その高齢者に合う食器を選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る