口腔ケアは介護でも重要?

介護と言えば移乗や食事や入浴などの介助を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、口腔ケアも忘れてはいけません。

高齢者は口腔ケアを行う事によって、肺炎や認知症を予防したり、食事の意欲を向上する効果も期待できるのです。

歯を磨くための柔らかめの歯ブラシや水、洗口液や嗽薬などを用意したら、歯磨きのための安全な姿勢として、誤嚥を防ぐために高齢者の顎が下がっている状態で介助を行いましょう。

口腔内を観察する際には、奥歯だけ出なく麻痺がある方は麻痺側の口腔内の状態も確認する必要がありますし、舌の状態や歯と歯の間など全体的に汚れが残っていないか虫歯などがないか確認を行いましょう。

定期的にきちんとケアをして、口腔内の健康な状態を保ちましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る