介護用の歩行器、どれを選ぶ?

介護用品にも幾つか種類がありますが、歩行器にはどのくらい種類があるのでしょうか?

歩行器は介護保険でレンタルする事ができ、要介護だけでなく要支援の人も使用する事ができるので、杖だけでは歩行に不安がある自立歩行が困難な高齢者には歩行器がオススメなのです。

歩行器を使用する事によって、歩行時に腰や膝にかかる負担を軽減する事ができますし、姿勢も安定させられるのです。

歩行器にも幾つか種類があり、固定型の歩行器は歩行器を持ち上げて移動するため上半身が動かせる人やバランスが取れる人にオススメですし、交互型の歩行器は左右交互に動かす事によって前進できるので、バランス感覚のない人に最適でしょう。

キャスター付きの歩行器は名前の通りキャスターが付いていて、電動付きの歩行器は動力でアシストしてくれますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る