歩行介助のポイントとは?

高齢者への歩行介助の方法は色々ありますが、今回はリハビリに繋がると言われている効率の良い介助のコツについてご紹介いたします。

歩く前に頭の位置を確認しますが、頭の位置が下がっていると背中が曲がってしまい、首にも負担がかかりますし、方向転換する時に頭の動作が大きくなって目眩の原因にもなるそうです。

歩く時には重心が高くて不安定な姿勢の方が効率的だと言われているので、不安定な姿勢が怖くても体に力を入れすぎない事が大切なのです。

肩が下がってしまっている状態だと一歩が出しづらいため、肩を上げてもらい重心が高い姿勢を保ってもらったままで歩行の介助を行うと良いでしょう。

肩が上がって背筋が伸びれば、視界が広がって周囲に興味を持てたり、歩行意欲も高まるかもしれませんよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る