介護靴のサイズを間違えないためには?

介護施設ではもともとの靴以外に介護用の靴を推奨している場合もあるため、利用者さんの靴を買ってもらう際に、福祉用具の業者に依頼する事があるそうですが、間違ったサイズを買わないためにも注意するべき事がありますのでご紹介いたします。

これは施設側がやっておくと良いとされていますが、購入予定の靴と同じメーカーの靴をサイズ違いで施設の備品として置いておくと、サイズの比較ができますし、履き心地も実際に試す事ができますよ。

靴はサイズが同じだとしてもメーカーや靴の種類によって履き心地や長さ、幅や足回りの部分も違っているので、実際に靴を履いてみないと合うかどうかは分からない事が多いので、購入するメーカーを一つに限定しておくと良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る