トイレの介助と一工夫

介護者の方は介護を受ける方の「トイレに行きたい」という気持ちを尊重してあげることが大切なことの1つです。
介護を受ける方、介護をする方の双方がトイレ介助が苦にならないようにする為には、段差を無くしたり手すりを付けたりする様な環境の整えが必要でしょう。
介護を受ける方の体の状態を考えた環境を整えることが大切ですので、例えば体の右側は動かせないけど左側は問題なく動かせるという方なら、手すりやトイレットペーパーなども全て左側に配置してあげると、一人でも用を足せるようになることがあります。

また、便利なのがポータブルトイレです。
自分でトイレに行けるという方でも夜間は危険だから、夜だけは部屋においてあるポータブルトイレで用を足す、というようにポータブルトイレの併用をすることで、さらにトイレ介助が楽になってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る