HITOCOCO(ヒトココ)

認知症の高齢者を自宅で介護していて、徘徊が心配だと考えている方も多いかもしれませんが、そんな時にオススメの感知機器がありますのでご紹介いたします。

親機と子機をペアリングさせておき、あらかじめ親機の方で住居の広さや見守りたい範囲を設定したら、高齢者を見守る家族などが親機の方を持ち、ストラップが付いている子機は高齢者に子機を渡しておくのです。

子機を持っている人が親機の設定した距離から20秒ほど離れるとアラートが鳴り、親機の確認キーを押す事によって子機の位置を確認する事ができますよ。

GPSは使わず電波で受信しているので、建物の中でも位置情報を知る事ができると言われていますし、子機は軽量なので首から下げていても違和感がないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る