介助で皮膚裂傷を予防するには

介護で皮膚裂傷を防ぐためにはハンドリングが大切だと言われていますが、介助者の体に負担がかからない方法がありますのでご紹介いたします。

皮膚裂傷は、ベッドでの摩擦やズレや圧迫などにより発生する外傷性の創傷のことであり、皮膚の弱い高齢者がなりやすいのですが、この傷やアザを見た家族から虐待を疑われやすいのです。

皮膚裂傷を予防するためには圧迫を軽減する必要がありますので、介助時に指先を使わず手のひらや腕でハンドリングを行うと良いでしょう。

高齢者の皮膚に負担をかけないような介助が重要なので、持ち上げない介助を心がけるようにしましょう。

持ち上げたり抱え上げたりする必要がないため、女性でも安心して安全に介助を行う事ができますからオススメですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る