入浴介助にオススメの福祉用具とは

浴槽をまたぐことが困難な方への入浴介助には、シャワーチェアか移乗台、浴槽台を用意するととても便利ですよ。

介助の前に湯船の温度を確認して、介助者の腰に掴まってもらい片手で背中を支えたら、足は片側づつゆっくり湯船に入れて、反対の手で浴槽付近の手すりに掴まってもらい、介助者の腰に掴まっていた手で浴槽の淵を掴んでもらいましょう。

前屈みの姿勢で立ち上がってもらい、足の向きを変えつつ浴槽台に座ってもらい、手すりに掴まっていると安全ですから、入浴中も掴まってもらうようにしましょう。

湯船から上がる時には、入る時と同じように前屈みになって立ち上がってもらい、足の向きを変えながら移乗台に座ってもらい、介助者の腰に掴まってもらいながら片足づつ出ましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る