スライディングシートの使い方

寝たきりの人や麻痺のある人への介助では、ベッド上で移乗の介助を行う機会があると思いますが、スライディングシートを活用すれば介助者への負担を軽減させることができますのでオススメですよ。

枕から頭がズレてしまったり、床ずれを防止したいと考えていたり、ベッドから起き上がらせたいと思っていても、ベッド上で寝ている人の体を動かすことが難しいという場面も多いのではないでしょうか。

スライディングシートは筒状で、滑らせやすい生地を採用しているため、寝ている人の体の下に滑り込ませて使用すれば、体の向きを変えたり水平移動させることが簡単にできるようになるのです。

まずは相手の体を横向きにさせたら、スライディングシートを体の下に入れて仰向けにさせ、骨盤を移動させたい方向に押し上げて、スライドするように移動させましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る