スライドシートで水平に移動しよう

寝ていると自然と体の位置が動いてしまい、快適な睡眠を妨げてしまうことが考えられますし、介護は無理に実践すると介助者の心身にも負担がかかりますので、ベッド上での介助をスムーズに行うためには、スライドシートを活用するのがオススメですよ。

スライドシートを半分に折って、枕の下から入れていき、肩甲骨の下まで滑らせるために介護される人に腕を組んでもらい、頭を少し上げてもらってシートをスライドさせていきましょう。

折っていたシートの半分が、太ももまで来るよう滑らせたら、膝を立ててもらい臀部を上方向に押して、位置を移動させるとスムーズに上方向へ移動してもらうことができますよ。

移動させたら、少し体を傾けてもらいながら頭側の方からシートを引き抜いて回収しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る