柔らか食で食事を楽しむ

加齢により、人によっては口内の状態も変化していきますので、一人ひとりに合う介護食を選んで食事を楽しむことが大切ですよ。

近年、新しく開発された凍結含浸食は、酵素により食材そのものを柔らかくするという技術が採用されており、きざみ食やミキサー食のような食材の原型が分からない食事ではありません。

食材そのままの形なのに、柔らかくて美味しく食べられますので、味だけでなく目で見て食事を楽しむこともできるのです。

いつもは硬いと感じる食材も、この技術を用いることで誰でも美味しく食べることができますから評判も良いのです。

何歳になっても、みんなで食卓を囲んで食事の時間を楽しめるということが大切ですから、介護食で悩んでいる方はぜひチェックしてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る