入浴介助の間違いを理解しよう

体を思うように動かせない方でも、入浴は人が日常生活を送る上で大切ですから、自宅で1人で入浴するのが困難な方への介助方法についてご紹介いたします。

入浴介助では、お湯の温度に気をつける必要があり、いきなり高温のお湯をかけて驚かせることのないように気をつけて、まずは心臓から遠い足元に湯を掛けたりして湯温は常にチェックしましょう。

髪を洗う際には声がけを行って、腕など動かせる方には耳に水が入らないよう押さえてもらい、目や耳にかかった湯はそのままにしていると不快感がありますので忘れずに拭き取りましょう。

体を洗う際にはまず全身にお湯を掛けて、洗えない部分は介助者がサポートして洗いますが、本人が洗える部分はご自身で洗ってもらい自立を促しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る