ベッドから車椅子に移動させるコツ

ベッドから車椅子に移動させるのは介護の中では良く見られるシーンですが、被介護者や介助者双方の安全のため、正しい方法を学ぶ必要があります。

まずは車椅子選びでは、フットサポートが外側に動かせるもの、アームサポートが上に移動するものを選ぶようにしましょう。
乗り移りをする時には作業がしやすいように、車椅子をベッドに対して30度程度に開いてください。
また、被介護者の足を捻ってしまわないよう、車椅子に近い方の足を少し前に出してから抱えるようにします。

抱えるときは被介護者の両腕を介助者の首の後ろに回し、介助者は非介助者の背中の下あたりにしっかり手を組んでから、かけ声と共に立ちます。
座らせるときも介助者が被介護者をしっかり支え、声をかけながらゆっくりとお尻を車椅子に乗せるようにしてください。
乗り移らせた後、被介護者の座りが浅いと感じたら深く座り直させてあげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る